ティモシー・シャラメ論

f:id:maplecat-eve:20211030002042j:plain

Timothee Chalamet

リアルサウンドさんにティモシー・シャラメ論「ティモシー・ステップ」を寄稿させていただきました。初の男性俳優!ティモシーについて書きたいなと思ったのは、今年のカンヌ国際映画祭でのアイドルぶりが決定打でした。時代に合った、まったく新しい俳優だなと思っています。カッコいい女性たちからの学びをここまでハッキリと活動に反映させているハリウッド・プリンスは、過去に例がないと思います。リアルサウンドさんで書いてきたエマ・ストーン論やマーゴット・ロビー論ともつながりがあるのは偶然ではないです。特にエマ・ストーンへのリスペクトは嬉しいですね。スカーレット・ヨハンソンマーゴット・ロビーのような有言実行なオピニオンリーダーたちとはまた違って、どちらかというと言動よりも作品をもって活動家としての意志を示してきた人なので。ティモシー・シャラメの愛する『小悪魔はなぜモテる?!(Easy A)』や『ラブ・アゲイン』は、第一期エマ・ストーンの代表作であるだけでなく、現代アメリカ映画のとても重要な作品だと思っています。

 

realsound.jp

 

以下に、ティモシー・シャラメの発言を抜粋。

 

グレタ・ガーウィグとは何でも一緒に仕事をしたいと思っています。彼女が出演しているもの、彼女が同意しているものは、すべて素晴らしいものになるでしょう。彼女には完全に畏敬の念を抱いています。彼女から学んだことをずっと話していたいくらい、彼女は素晴らしい人なのです」

 

「『ダークナイト』のヒース・レジャーを見た夜のことは、今でもはっきりと覚えています。ちょうど妹のバレエ公演を見に行ったところで、母と祖母に何度もリクエストして、一緒に映画を見に行ったのです。タイムズスクエアにある劇場で、ヒース・レジャーの演技は私の心に大きな影響を与えました。劇場を後にしたとき、私は少年のように変わり、俳優になりたいと思うようになっていました」

 

「子供の頃、アメリカとフランスを行き来する生活をしていたので、アイデンティティの危機に陥りました。1年のうち8ヵ月をマンハッタンのような場所で過ごし、残りの4ヵ月をフランスの小さな村で過ごすというのは、子供にとっては奇妙なことですよね。しかし、この文化的な隔たりは、俳優としての私を助けてくれました。エリオ役を勝ち取ることができたのは、このおかげだと確信しています」

 

「台本を読んで、自分の中で急激なプレッシャーを感じたら、それはその役を望んでいるということだと思います」

 

「インタビューマガジン」でのマシュー・マコノヒーとの対談↓

 

「しかし、実際のところ、演技とは何だろうか?私たちは何のために存在しているのだろうか?私たちは人間性をさらけ出すために存在しているのです。"私はあの男ではないが、あの男のことを知っている "と」(マシュー・マコノヒー

「準備をすることと、現場で自然に起こることとの間には、絶妙なバランスがあると思います」(ティモシー・シャラメ

 

「演技とは、自分を正直に見せ、傷つきやすい可能性に心を開くことを教わりました」(演劇学校で教わったことについて)

 

「まず第一に、彼(エリオ)は精神的な目覚めの途上にある若者で、それは性的なものであると同時に、アイデンティティに関わるものです。若い人の本能的な感覚がどのようなものであるかを追うということでした」

 

「ジャーナリストである父とたくさん話をしました。また、ウェス・アンダーソン監督は非常に几帳面な監督なので、すべてのシーンで指導をしてくれました。二人のおかげで、ゼフィレッリを演じるための鍵を見つけることができました」

 

「母は何百ものオーディションに同行してくれました。言語を学んだり、ピアノを弾いたり、自分を向上させるように励ましてくれました」

 

「大事なのは、撮影を始める前に物語のトーンに質感や色を与え、キャラクターを形成することです。私は本能で動く俳優ではないので、自分で準備する必要があるのです」

 

「6年前に『ダークナイト』を観たときのような直情的な反応をしたのは、これまでで唯一のことでした。映画が始まって40分ほど経ったところで、尋問のようなシーンがあって、フィリップ・シーモア・ホフマン演じる主人公が、ホアキン・フェニックスに聞かれたことにすべて正直に、まばたきせずに答えなければならないと言います。私は仰天しました」(『ザ・マスター』について)

 

「創作活動を続けるためには、自分がどのように消費されているかについて、ある種の無知さが必要です」

 

ティモシー・シャラメの好きな映画、またはこれまでにインタビューやポッドキャスト等で言及した映画については、ファンの方がLetterboxdにまとめています。コメント付きで。素晴らしい労力!『フロリダ・プロジェクト』のことを絶賛しているのは嬉しいですね。グレタ・ガーウィグにはエリック・ロメールの『モード家の一夜』を見るように指示されたらしい。などなど。

 

letterboxd.com

 

そして『フレンチ・ディスパッチ』は、凄い作品でした!映画の長尺化が流行の中、これだけのことを100分に収めるウェス・アンダーソンは反時代的。もはやスタイルを真似することは誰にも出来ない(緻密すぎて不可能!)エクストリームな画面の連続でした。