『ダンボ』(ティム・バートン/2019)

f:id:maplecat-eve:20190331233831p:plain


パーフェクトフィルム!多幸感が全力疾走する絵巻のようなオープニングからティム・バートンが紡いでみせるのは、『私の20世紀』(イルディコー・エニェディ)ならぬ、『ティム・バートンの20世紀』だ。大陸の地図をオーバーラップさせながら汽車が前へ前へどんどん進んでいく絵巻のようなオープニングは、目的地へ向かって前進すると同時に、走馬灯のように記憶を全力で巻き戻しにかかる。この華麗なる絵巻の行き着くところが、戦場から帰還し片腕を失った父親の胸に飛び込む娘、という構図に収まるとき、私たちはこの映画作家の感情的な出発点を知る。ティム・バートンはいつだって癒えることのない傷口と共に生きていくフィルムを作ってきた。耳の大きいことでいじめられるダンボがティム・バートン的な主題の導きにあることを改めて知るのだ。


f:id:maplecat-eve:20190331235917p:plain


絵巻の行き着く先にあるこのサーカス団は、ティム・バートンが長年こだわってきたフェデリコ・フェリーニの祝祭空間をノスタルジーとして彼方に置きつつ、トッド・ブラウニング『フリークス』の空間をその中心に沿えている。ここにはバズビー・バークレーの異形を思い起こさせるダンサーの配置があり、エヴァ・グリーン演じるコレットはやがて、それが必然であるかのようにルイーズ・ブルックスのような髪型になり、ダンボと飛翔する。『ミス・ペレグリン』で更なる新しさを追求したレイ・ハリーハウゼンへの21世紀的オマージュは、そのダンスシーン自体がオリジナル『ダンボ』を踏襲していることもあり、全く持って思いがけない感動を呼ぶ。そう、このサーカス空間こそがティム・バートンの20世紀なのであり、そこに自己言及的に表わされるのが『バットマン・リターンズ』や『マーズ・アタック』にも出てきた屋上の大統領室のような空間、そしてテーマパークなのだ。ただ、ティム・バートンは自らの20世紀を走馬灯のように駆け巡るだけで『ダンボ』を終わらせることをよしとはしない。


f:id:maplecat-eve:20190331233448j:plain
Miss Peregrine's Home for Peculiar Children
f:id:maplecat-eve:20190331233514j:plain
8 1/2
f:id:maplecat-eve:20190331233541j:plain
Ray Harryhausen's Skeleton
f:id:maplecat-eve:20190331233706j:plain
Dumbo
f:id:maplecat-eve:20190331233720j:plain
Louise Brooks


美しいシャボンのダンスをその瞳に収めたダンボの潤んだ目には、美しさへの憧憬と共にどこか諦めのような孤独な渇きがその瞳に宿っている。この瞳の演出に関してウェス・アンダーソンの『犬ヶ島』との共振を見る。思い起こすのは『犬ヶ島』のセリフ、「友達にはなれないけど、大好きだ」。ダンボの旅の行き着いた先でダンボが仲間たちに示す挨拶は、大先輩ティム・バートンからのウェス・アンダーソンへのウィンク返しだろう。大切なパートナーのいない世界で生きていくこと。ティム・バートンが『ダンボ』で描くのは、その力強い宣言であり、だからこそ、大切なパートナーを失った世界でもサーカスは続くのだ。いや、失ったからこそ僕らはこのパーティーを続けなければならない。手回しのフィルムに残った君の記憶だけを乗せて。ショウ・マスト・ゴー・オン!!大傑作!


f:id:maplecat-eve:20190331231116j:plain


8 1/2 [Blu-ray]

8 1/2 [Blu-ray]

フリークス [DVD]

フリークス [DVD]

2018ベスト50枚 ~音楽編~

 

f:id:maplecat-eve:20190102174755j:plain

f:id:maplecat-eve:20190102173034j:plain

2018年のハイライトはHindsの素晴らしくキュートで楽しかった来日ライブ。今年の頭にオールガールズバンド(正確にはオール女性ボーカルバンド)の自作コンピを作ったのだけど、コンピを作る上のテーマは「仮説としての『Live Through This』の子供たち=コートニー・ラブの子供たち」でした。カート・コバーンが制作に関わっているホールのこのアルバムには特別な思い入れがあります(とはいえリアルタイムではないのですが)。『Live Through This』は、「ガールズバンドの時代の到来」を夢見ていたカート・コバーンの夢想が願いとして込められた作品だと思っています。2000年代末からVivian Girlsを筆頭にDum Dum GirlsやBest Coast等のガールズバンドが台等してきた動きの基調としてこのアルバムがあり、彼女たちが切り開いた輝かしい残響の中に現在のHindsや、Goat Girl、そしてHoney Hahsがいるのではないか?という仮説を基にコンピを作りました。びっくりしたのはHindsのツアーマネージャーをVivian Girlsの最後のドラマーだった方が務めていることです。本当に嬉しくなりました。勝手に自分の中でガールズバンドの地図を作っていたのだけど、全然妄想なんかじゃなかった。やっぱり好きなものって嘘みたいに繋がっていくものなんですよ。これだから面白い。

 

以下、2018年によく聴いた50枚のリストです。これを1位にしたメディアはたぶんないんじゃないかと思うけど、、。Factory Floorのガーンジーのソロ。エクストリームな閃きに溢れている天才的な作品です。Ty君のアルバムはキャリアベストだと思う!祝福したい。そして最年長が15歳の女の子のHoney Hahsの姉貴分にあたるGoat Girlの女の子たちが、まだ20歳前後というところがまた素晴らしいね。もう未来しかないじゃないか。

 

1.Gabe Gurnsey『PHYSICAL』

PHYSICAL

PHYSICAL

 

 2.Ty Segall and Freedom band 『Freedom's Goblin』

FREEDOM'S GOBLIN [CD]

FREEDOM'S GOBLIN [CD]

 

 3.Honey hahs『Dear Someone, Happy Something』

Dear Someone, Happy Something [解説・歌詞対訳 / 国内仕様輸入盤CD] (RTRADCDJP879)

Dear Someone, Happy Something [解説・歌詞対訳 / 国内仕様輸入盤CD] (RTRADCDJP879)

 

 4.Speedy Ortiz『Twerp Verse』

Twerp Verse

Twerp Verse

 

 5.Goat Girl『Goat Girl』

Goat Girl [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック3曲収録 / 国内盤] (RTRADCDJP884)

Goat Girl [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック3曲収録 / 国内盤] (RTRADCDJP884)

 

6.The Internet『Hive Mind』

HIVE MIND

HIVE MIND

 

7.Young Fathers『Cocoa Sugar』

Cocoa Sugar [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (BRC566)

Cocoa Sugar [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (BRC566)

 

8.Hinds『I don't run』

I don't run

I don't run

 

9.Tahiti80『The Sunshine beat Vol.1』

ザ・サンシャイン・ビート Vol.1

ザ・サンシャイン・ビート Vol.1

 

10.Still Corners『Slow Air

Slow Air

Slow Air

 

11.Natlie Prass『The Future and The Past』

ザ・フューチャー・アンド・ザ・パースト

ザ・フューチャー・アンド・ザ・パースト

 

12.Courtney Barnett『Tell me how you really feel』

Tell Me How You Really Feel [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤 /先着特典ステッカー付] (TRCP230)

Tell Me How You Really Feel [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤 /先着特典ステッカー付] (TRCP230)

  • アーティスト: Courtney Barnett,コートニー・バーネット
  • 出版社/メーカー: Traffic / MilK! Records
  • 発売日: 2018/05/18
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 13.Jorja Smith『Lost & Found』

Jorja Smith Lost & Found

Jorja Smith Lost & Found

 

14.The Men『Hated:2008-2011』

f:id:maplecat-eve:20190103014324j:plain

15.Vince Staples『FM!』

f:id:maplecat-eve:20190103015427j:plain

16.Tracey Thorn『Record』

RECORD

RECORD

 

17.Unknown Motal Orchestra『Sex & Food』

SEX & FOOD

SEX & FOOD

 

18.Melody's Echo Chamber『Bon Voyage』

Bon Voyage

Bon Voyage

 

19.Parcels『Parcels』

PARCELS

PARCELS

 

20.Rush Week『Feels』

f:id:maplecat-eve:20190103014522j:plain

21.Parquet Courts『Wild Awake!』

Wide Awake! [帯解説・歌詞対訳 / 国内仕様輸入盤CD] (RT0001CDJP)

Wide Awake! [帯解説・歌詞対訳 / 国内仕様輸入盤CD] (RT0001CDJP)

 

22.Justin Timberlake『Man of the woods』

MAN OF THE WOODS [CD]

MAN OF THE WOODS [CD]

 

22.Hop Along『Bark your head off, dog』

BARK YOUR HEAD OFF, DO

BARK YOUR HEAD OFF, DO

 

24..Wild Nothing『Indigo』

INDIGO (IMPORT CD)

INDIGO (IMPORT CD)

 

25.Yumi Zouma『EPⅢ』

f:id:maplecat-eve:20190103014519j:plain

26.Caroline Rose『Loner』

LONER

LONER

 

27.Shame『Songs of Praise』

ソングス・オブ・プレイズ

ソングス・オブ・プレイズ

 

28.Stephen Malkmus & The Jicks『Sparkle Hard』

SPARKLE HARD [輸入盤CD / デジパック仕様] (OLE13282)

SPARKLE HARD [輸入盤CD / デジパック仕様] (OLE13282)

 

29.Rosalia『El Nal Querer』

El Mal Querer

El Mal Querer

 

30.TT『Lovelaws』

ラヴローズ

ラヴローズ

 

31.Beach House『7』

7 (IMPORT/LP) [Analog]

7 (IMPORT/LP) [Analog]

 

32.Mr.Twin Sister『Salt』

Salt (ボーナス・トラック4曲収録/解説・歌詞・対訳付き)[ARTPL-107]

Salt (ボーナス・トラック4曲収録/解説・歌詞・対訳付き)[ARTPL-107]

 

33.Anderson Paak『OXNARD』

OXNARD

OXNARD

 

34.Earl Sweatshirt『Some Rap Song』

Some Rap Songs

Some Rap Songs

 

35.Chromatics『Blue Girl』

f:id:maplecat-eve:20190103014811j:plain

36.Innocence Mission『Sun on the Square

サン・オン・ザ・スクエア

サン・オン・ザ・スクエア

 

 37.Tune-Yards『I can feel you creep into my private life』

I can feel you creep into my private life [輸入盤CD](4AD0052CD)

I can feel you creep into my private life [輸入盤CD](4AD0052CD)

 

 38.La Luz『Floating Features』

FLOATING FEATURES

FLOATING FEATURES

 

39.Blood Orange『Negro Swan』

Negro Swan

Negro Swan

 

40.Chai『Pink』

PINK※CDのみ

PINK※CDのみ

 

41. Joey Purp『Quarterthing』

f:id:maplecat-eve:20190103015425j:plain

42.The Voidz『Virtue』

Virtue

Virtue

 

43.Janelle Monae『Dirty Computer』 

DIRTY COMPUTER

DIRTY COMPUTER

 

44.Sunflower Bean『Twentytwo in Blue』

Twentytwo in Blue

Twentytwo in Blue

 

45.Ava Luna『Moon 2』

f:id:maplecat-eve:20190103015429j:plain

46.Rhye『Blood』

Blood

Blood

 

47.Vanessa Paradis『Les Sources』

f:id:maplecat-eve:20190103014353j:plain

48.Snail Mail『Lush

Lush [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤CD] (OLE11799)

Lush [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤CD] (OLE11799)

 

 49.Stereolab『Switched On Volume1-3』

SWITCHED ON VOLUMES 1 - 3 [解説 / 国内仕様輸入盤 / 4CD / ボックス・セット] (BRDUHF39)

SWITCHED ON VOLUMES 1 - 3 [解説 / 国内仕様輸入盤 / 4CD / ボックス・セット] (BRDUHF39)

 

 50.V・A『Girls Band Renaissance』

f:id:maplecat-eve:20190103020132j:plain

f:id:maplecat-eve:20190103020129j:plain

f:id:maplecat-eve:20190103020347j:plain

f:id:maplecat-eve:20190103020342j:plain

最後は自作コンピで(笑)。2019年はまずコートニー・バーネットのライブ、楽しみです。そして ずっと待っているクロマチックスのアルバムが間もなく出るはず!