映画

『秘密の森の、その向こう』

Petite Maman CINEMOREさんにセリーヌ・シアマの新作『秘密の森の、その向こう』評「標本瓶に詰められた秋、さよならを忘れないために」を寄稿させていただきました。小さな呪文を唱え合うような作品。セリーヌ・シアマの最高傑作だと思っています。 cinemor…

『スペンサー ダイアナの決意/SPENCER』

パブロ・ラライン『スペンサー ダイアナの決意』試写。クリステン・スチュワート最高。パブロ・ララインは作品によって好き嫌いが大きい映画作家なので、ちょっと躊躇してしまって公開前ギリギリになってしまった。迷うことなく一番好きな作品です。アーカイ…

女はそれを我慢できない

フランク・タシュリン『女はそれを我慢できない』(Girl Can't Help It)。ビートルズが影響を受けたというロックンロールに関する映画。久々に聴いたジュリー・ロンドンの歌声が溜息が出るほど悲しくて、リピートしている。

『ディーバ』とシネマ・デュ・ルックの時代

DIVA リアルサウンドにジャン=ジャック・ベネックス『ディーバ』と「シネマ・デュ・ルック」に関するコラムを寄稿させていただきました! realsound.jp 「初めての映画作り。空は青かった。エディット・ピアフは“もっと青く”と歌っていた。空の青さだって、…

『マイ・ブロークン・マリコ』評

My Broken Mariko otocotoさんにタナダユキ『マイ・ブロークン・マリコ』評、「あらゆるレッテルを拒否するヒロイン、シイノ=永野芽郁」を寄稿させていただきました! otocoto.jp 永野芽郁さんに捧げるつもりで書かせていただきました。瀬田なつき監督の『…

微笑むブーデ夫人/Le Souriante Madame Beudet

ジェルメーヌ・デュラック『微笑むブーデ夫人』。サイレント期のフェミニズム映画。最近のセリーヌ・シアマは、アリス・ギイやデュラックから多くを学んでいるらしい。『秘密の森の、その向こう』にも確かにそのイメージが引用みたいな分かりやすい形ではな…

『ロザリンとライオン』

ジャン=ジャック・ベネックス『ロザリンとライオン』のディレクターズ・カット。初見なのだけど、こちらしか手に入らず。素晴らしい。傑作だと思います。 ベネックスの作品を再見も含め全部見ました(いくつかのドキュメンタリー除く)。『ディーバ』の前に…

『コンクリート作戦』『コケティッシュな女』

ゴダールの初期短編を年代順に二本。このままゴダール全作いきましょうか。『コンクリート作戦』は、ゴダールがフィクション作品ではなく、人物を撮るわけでもなく、ここから始まったということが最も重要なことだと思う。映画のスペクタクルに溢れている。…

『ケイコ 目を澄ませて』

三宅唱監督『ケイコ 目を澄ませて』試写。素晴らしかった!試写室出て、三宅監督におめでとうございます!って言いたかったです(探したけど既に不在でした。残念!)。ステップ、そしてさらに美しいステップへ。前からですが、三宅監督はリズム感が抜群です…

『溝の中の月』

ジャン=ジャック・ベネックス『溝の中の月』。『ディーバ』が低予算で撮られたとか驚きでしかないけど、こちらは『ディーバ』の成功を受けてチネチッタで撮影されたという二作目。批評的にも興行的にも惨敗だったそうですが、この作品のことは好きです。ス…

R.I.P.アラン・タネール

Jonas qui aura 25 ans en l'an 2000 R.I.P.アラン・タネール...。

パゾリーニ映画祭へのコメント

本日から開催「ようこそ、はじめてのパゾリーニ体験へ」にコメントを寄稿させていただきました!推薦作品は『大きな鳥と小さな鳥』を選びました。『ソドムの市』と迷いましたけどね。でも、みんな『ソドムの市』だったらどうしよー?と思い、パゾリーニの宣…

『ブルーバレンタイン』

Blue Valentine ミシェル・ウィリアムズのお誕生日!現代で一番好きな俳優の一人です。一番凄いと思ってるかも。というわけで以前CINEMOREさんに寄稿した『ブルーバレンタイン』評「恋人たちの刻印」。 cinemore.jp ライアン・ゴズリングの言葉を以下に抜粋…

ギヨーム・ブラックへの白紙委任状

Coupe à dix francs CINEMOREさんへの『みんなのヴァカンス』評を書く際、これまでにギヨーム・ブラックへの白紙委任状で上映された作品群も併せて見ました。あらためてホン・サンスはいろんな映画作家に霊感を与えているなと思う。エリック・ロメールの『友…

『悪魔の恋人』

Fear ジェームズ・フォーリー『悪魔の恋人』。こんな感じですかと油断していると、ジェットコースターのシーンの浮遊感に唸り、いきなりの暴力に震え、後半の怒涛の展開に刮目する。めちゃくちゃ面白かった!物語の薄さよりも映画の厚みが勝るというべきか。…

『バッド・ボーイズ』

Bad Boys 毎日ブログ更新チャレンジ、14日目!ショーン・ペン主演の『バッド・ボーイズ』。最近やけに80年代づいてるのは、配給会社ビーズ・インターナショナルさんの展開する80年代パンクムービー・シリーズに影響されています。他にはない面白い展開ですよ…

『リバース・エッジ』

River's Edge ティム・ハンター『リバース・エッジ』(「ズ」ではなく)。岡崎京子『リバーズ・エッジ』のインスピレーション元作品。久々の再見。昔見たときより、ずっと好きになった。傑作ですね。ダッチワイフを恋人にするデニス・ホッパーの感情が、前に…

『ディーバ』

DIVA ジャン=ジャック・ベネックス『ディーバ』。絶対に後悔のないように、やりたいこと全部詰めました!感が、狂おしい。こんな新人映画作家をリアルタイムで体験したらビビッてしまいます、、。「シネマ・デュ・ルック」は、レオス・カラックスによる「一…

『俺たちの明日』

Reckless ジェームズ・フォーリーの長編デビュー作品『俺たちの明日』。ハル・アシュビーのおかげで撮ることができた作品らしい。この作品のことは蓮實重彦の批評で知り、その後青山真治監督が言及していたので、ずっと気になっていた。エイダン・クインのデ…

アルタヴァスト・ペレシャン

Nature 『レオス・カラックス 映画を彷徨うひと』への『ポーラⅩ』論を書く際のリサーチで、昨年末はアルタヴァスト・ペレシャンとシャルナス・バルタスの映画をひたすら見ていました。『ポーラⅩ』について書く際、シャルナス・バルタスについては避けて通れ…

『マイ・ブロークン・マリコ』

My Broken Mariko タナダユキ『マイ・ブロークン・マリコ』試写。役を演じているというより、役を生きている永野芽郁を見ているだけで泣けた。この作品の永野芽郁の演技には漂白されていない生の輝きがある。彼女を見ているだけで価値がある。「キレイなあの…

『雨のなかの女』

The Rain People フランシス・フォード・コッポラの『雨のなかの女』を再見。紛れもなく映画作家の作品であることに驚かされる。バーバラ・ローデンの『WANDA/ワンダ』とも共振している。フェミニズム映画としても重要な作品。家を捨て、彷徨の旅に出るナタ…

パゾリーニ映画祭「ようこそ、はじめてのパゾリーニ体験へ」

Sopralluoghi in Palestina per il Vangelo secondo Matteo 「ようこそ、はじめてのパゾリーニ体験へ」で上映される未公開作品の試写を二本。ドキュメンタリー映画『「奇跡の丘」のためのパレスチナ訪問』とオムニバス作品『イタリア式奇想曲』。どちらも日…

『反逆のパンク・ロック』

Suburbia ペネロペ・スフィーリスの『反逆のパンク・ロック』が公開中。とても面白い作品。ハーモニー・コリンはこの映画のこと絶対好きだと思う!最初の方のえげつない親子喧嘩のシーンで、既に素晴らしい。キッズたちを追い払うために銃持ったおじさんが出…

2021年ベストシネマ

【新作ベスト】 Never Rarely Sometime Always 1.『17歳の瞳に映る世界』(エリザ・ヒットマン) Never Rarely Sometime Always Never Rarely Sometime Always 2.『ショック・ドゥ・フューチャー』(マーク・コリン) Choc du Futur 3.『Petite Maman』(セ…

『フィッシュマンズ』

立川シネマシティ極音上映で、『フィッシュマンズ』。 佐藤伸治が亡くなった日のことを、よく覚えている。スペースシャワーTVで字幕速報で流れてきて、その日は一日中「ゆらめき In The Air」のPVが流れていた。 「ゆらめき In The Air」を新宿タワレコの試…

女優≠作家論(2020年)

2020年にリアルサウンドに寄稿させていただいた記事をここにまとめておきます。まとめるついでにオリジナルのタイトルを付けました。 シャーリーズ・セロン論「破壊せよ、とセロンは言った」 realsound.jp フローレンス・ピュー論「光の行方」 realsound.jp …

2020年ベストシネマ

あけましておめでとうございます。若干、機を逸してしまった感あるけど、振り返りの記録としての年間ベストシネマ。2020年は「女優≠作家論」をテーマに、ジュリエット・ビノシュ論、シアーシャ・ローナン論をキネマ旬報に。シャーリーズ・セロン論、フローレ…

『On The Rocks』(Sofia Coppola/2020)

*[映画]『オン・ザ・ロック』(ソフィア・コッポラ/2020) あまりにも簡単に恋に落ちてしまう あまりにもすぐ、恋に落ちてしまう もっと学ぶべきかもしれない 痛い目にだってあっているのだから それでもあまりにも簡単に恋に落ちてしまう あまりにもすぐ、…

2019年ベストシネマ

みなさま、よいお年を。年が明けて読んでくださる方には、新年あけましておめでとうございます。昨年は幸運にも敬愛するクレール・ドゥニ監督にインタビューする機会に恵まれたのと、ジュリエット・ビノシュについて書かせていただく仕事をいただいたことが…